面長顔さんはウェリントン型やラウンド型でバランスを取ろう

顔の長さを強調させるデザイン

メガネは視力矯正に役立つことはもちろん、その人をより魅力的に見せる効果も期待できます。メガネは色々なデザインがありますが、選び方を間違うと顔の欠点がより強調されてしまうこともあります。顔の形によって似合うフレームは変わってきますので、自分の顔型に合うものを選ぶことを心がけましょう。幅の狭いスクエアタイプはシャープな印象がありますが、レンズの縦幅が少ないメガネは顔を覆う部分も少ないので、顔の長さが強調されることになります。それゆえ、面長の人がスクエアやオーバルを選びたい場合は、縦幅が少し広めのものを選ぶと良いでしょう。上部分にのみリムがあるハーフリムも人気がありますが、顔の下半分が長く見える傾向がありますので、面長の人は注意が必要です。

オーソドックスなデザインに注目

面長の人が似合うメガネをお探しなら、古くから愛されているオーソドックスなデザインに目を向けてみましょう。ウエリントン型はクラシカルなデザインですが、レンズの縦幅が広めにデザインされているので、面長を目立たなくする効果があります。さらに、ボストンも定番のデザインですが、こちらもレンズの縦幅が広めになっているので、面長と相性が良いといえます。丸みもあるので、優しい印象になるのも良いところです。同じようなデザインでもフレームの太さや色によっても雰囲気は大きく変わります。本当に似合うものを選ぶなら、複数のメガネを試着して比較してみることがおすすめです。実際にかけてみることで、顔の長さが違って見えるのがよくわかります。選ぶのに悩んだときは、お店のスタッフのアドバイスも参考にしてみましょう。