レトロチック!ボストン型

ボストン型ってどんなフレーム?

丸みを帯び下側が狭まっているボストン型フレームは、「おにぎりを逆さまにしたような形」と形容されることもあります。名前の由来については諸説あり、アメリカ・マサチューセッツ州のボストンで50年代に流行ったことから名付けられたとも言われていますし、ボストンバッグの側面に形状が似ていることから名付けられたという説も存在します。日本では2016年頃から人気が出始めており、芸能人などがかけていることも珍しくありません。レトロチックな雰囲気を醸し出せるフレームで、カジュアルファッションだけではなくスーツにも合わせられるためビジネスシーンでも使えます。なお、ウェリントン型とボストン型を組み合わせた「ボストリントン型」と呼ばれるフレームもあります。

ボストン型フレームでシャープな印象を

顔立ちが角張った四角形の方やエラの張っている方は、丸みを帯びたボストン型フレームをチョイスすることによりシャープな印象を持たせることができます。また、逆三角形の顔立ちの方がかけることにより、柔らかく優しい雰囲気を醸し出せます。面長の顔立ちの方は、縦幅が広めなボストン型フレームを選べば顔の長さが目立ちにくくなります。小顔効果を狙ってより細いフレームを選ぶのもいいでしょう。一方、丸顔の方ですとボストン型フレームをかけるとより丸さが強調されてしまうため、顔の形を気にしている場合は注意が必要です。もちろん、自分の顔の丸さをチャームポイントとして活かすためあえてボストン型をチョイスするのも一つの手です。