三角顔さんはボストン型で柔らかい印象へ

三角顔の人に似合う眼鏡のフレーム

三角顔の人は他の顔立ちの人から比べると、小顔に見えるといわれる率が最も高いです。しかし顎が細くシャープであるため、却って顔の幅が広く見えてしまうことや、眼鏡の形によっては厳しい人に見えるため、悩みが尽きないといいます。三角顔の人に似合う眼鏡のフレームはいったいどんな形でしょうか。三角顔のシャープさを和らげるために最適といわれているのは、丸みのあるデザインです。角のあるデザインを使うと顔のシャープさが際立ってしまいます。そのため、フレームが楕円形のオーバルや全体的に丸みのあるラウンド型、ボストン型が似合うでしょう。特にボストン型は、ビジネス・プライベートなど場所を選ばずに利用することができます。

ボストン型の特徴と似合う大きさ

三角顔の人に似合うボストン型のフレームとはどんな物でしょうか。全体的に丸みがあり、下に向かって緩い逆三角形の形をしているといいます。おにぎりをさかさまにした形をイメージするとわかりやすいです。日本では昔からある定番の眼鏡の形となっており、丁番の部分がほかのフレームよりもわずかに下の位置にあるため、一見すると丸みがあるデザインになっています。三角顔の人の場合、あまり大きなフレームにするよりも小さめのフレームのほうが顔のイメージをやわらげることにつながるでしょう。また、フレームが太い物よりも細い物を選んだほうが、かけた時の見た目が穏やかに見えるといいます。縦幅が広いと眼鏡が浮いてしまうこともあるため、少し狭い物のほうがより愛らしく見えます。